日付入りの夢

日付入りの夢

monogramで開催されていた寺田尚代さんの個展「日付入りの夢」日記展、と称されるように、2L判にプリントされた5年分の日付入り写真が壁一面、天井一面に敷き詰められていた。

順を追って見ていくと、彼女の5年間をのぞき見しているような、そんな不思議な展示だった。

日付入りの夢

昨日アップした記事も、この展示を見て感じたこと。ちょうど在廊されていた彼女とお話させていただいていたのだけれど、数年前の話をすると、写真を見ながら「いつだったかな~」と話をされる。

彼女の目には、写真に写っている以上のものが見えているように感じた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です