BLOG

銀塩で切り取る記憶の記録

ディズニーとライカ

とても久々にディズニーリゾートを訪れた。 いつぶりだろうか、思い出せないくらいには久しぶりである。 今回はディズニーシーに行ったのだけれど ランドなんて本当に行ってない。 どのくらい行ってないかというと、記憶の限り最後に行ったのが トゥーン…

ライカの魅力

昔はライカ嫌いだったのに(実はそうでした) 今ではすっかりライカの人になってしまった私 ライカってやっぱりいいんですか? なんて聞かれることもあるので少し考えをまとめてみることにする あ、フィルムライカしか使ったことないのでデジライカはまた…

熱海改め箱根さるく

  箱根に行ってきた 当初の予定では熱海撮影会だったのだけど 「車を借りて仙石原に行こう!」ということになり そのまま「星の王子さまミュージアムに行こう!」となり 結果、箱根撮影会になった このいきあたりばったりな感じ、嫌いじゃな…

Sensiaの記憶

昔は良かった… なんて話をするつもりはさらさらないけれど なくなってしまったフィルムの話を少しだけしてみようと思う 知っている人は「あぁこんなのあったなぁ」と思って読んでいただければ 知らない人は「こんなのもあったのかー」と思いながら読んで…

M3にもいろいろある

今回はLeica M3の話である。 実は、M3は1954年に発売され、1966年までに22万台が製造された、らしい。 参考資料:ライカを買おう、ライカを学ぼう しかし約12年の間にマイナーチェンジが次々と行われた結果 非常に多くの仕様がある…

気軽なモノクロフィルム

最近、モノクロフィルムが高価である。 フィルム自体は比較的安いものもあるけれど、現像が高い上、時間がかかる だからといってモノクロの敷居が高くなってしまうのも残念なので 一般的なお店で現像できるフィルムをご紹介しようと思う ILFORD X…

蔵出し写真シリーズ #069

2017年11月 代々木公園にて、銀杏に寝転ぶ山本春花さん Lomographyのワークショップ feat鈴木文彦さん わいわい撮り歩きのワークショップ 楽しかったなー もう1年前か… そういえば、山本春花さんの写真集「乙女グラフィー発売を…

IIIa復活

正確に言うと故障ではなかったのだけれど フィルムを詰めて、撮って、巻き戻すと よくてパーフォレーションが破け 悪いとフィルムがちぎれるというトラブルが発生していた 行きつけのお店でいつも会う腕のいい修理屋さんに メンテナンスを頼もうと待ち合…

「バライタ展」出展します

バライタ紙で焼いた写真だけの写真展に出展します。 バライタ紙とは…   2018.11.3(Sat)〜11.11(Sun) 寫眞喫茶アウラ舎(押上駅より徒歩5分くらい) 営業時間15:00〜22:00(火・水定休日) 50枚近いバ…

フワフワのRollei35

トリオターが気になって買ってしまったカメラ、それがこのRollei B35である。 しかし、安物買いのなんとやら、レンズの曇りがとれずフワフワになってしまうのだ 条件がハマるとほどよい滲み感が出て雰囲気が出る。 フワフワ系が好きな方にはたま…