ライカの構え方

mirror shoot

構え方に正解も不正解もないので
この記事は単なる独り言。

ライカのレンズには、ピントノブってのがついている。
(ライカに限らないけど、ライカ互換も含めた多くのL/Mマウントレンズ)

このノブが付いている代わりに、ピントリングがなかったりする。
その場合、どうやってピントを合わせるのか…

もちろん、そのノブを使うわけであるが

・つまんでうごかす
・人差し指でうごかす
・親指でうごかす

といったように、方法はいろいろある。

つまんで動かす人が結構多いなあと思っているのだけれど
個人的には、冒頭の自撮り写真で構えているような使い方
人差し指をかけて動かすのが一番かっこいいかなあと思っている

これは確か、ライカなんか全く縁がなかった頃に、某カメラ店の
店員さんに教えてもらった構え方なのである。よく覚えてたもんだ。

ちなみに、かっこいいだけじゃなくて、親指はボディに添えるので
安定もするはず…

これ以外にも、いろんな構え方があるんじゃないかなあと思う。
あなたは、どのように構えますか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です