現像失敗

現像失敗

現像に失敗した。

温度管理をまともにしておらず、過現像をやっちまった以来ではなかろうか。
原因は、リールが歪んでいたため、リールの外周でフィルムが上手く巻けておらず
重なってしまっていた為、現像液が回っていなかったこと。

現像失敗

幸い、外周側の数枚が犠牲になっただけで
あとは普通に現像できていた。
気をつけねば…

リール、ひん曲げたら治るかな。

2件のコメント

  1. こんばんは。
     心中お察しします。ノンベルトは巻き取りが難しそうですね。
     私は長年ベルト式ですのでフィルムの密着は無いのですが、、ただ、このベルトが最近は販売されている様子が無いので、使用しているベルトが痛んだりしたら絶望的です。
     私は乳剤面を外側に巻くのですが、ノンベルトリールでも外巻きできるのでしょうか。
     理由は、気持ちだけ乳剤面側のカールを防ぎたいという理由なんですが、、。

  2. >haradaさん
    はじめまして!1年以上でかなりの本数現像をしているのですが
    ここまでの失敗は初めてだったので、びっくりしました…
    しかし、被害が数枚で済んだので、よしとします!
    乳剤面を外側に…試したことはないですが、物理的に不可能ではないと思います。
    ただ、とても巻きにくそう…(カールと逆方向に巻いていくので)
    フィルムのカールは面倒ですよね…
    HP5+なんかは現像後ものすごいクルクルしてましたが、
    最近使っているKentmereの400は、現像後吊るして普通に乾燥させるだけで
    綺麗にまっすぐになってます。優秀!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です