失われていくもの

window

都内某所
形あるものはいつかなくなる、とはよく言ったもので
今そこにあるものは、いつか失われてしまものである

roadster

今そこにあることが当たり前でも
ひょっとしたら明日には消えてなくなってしまうかもしれない
だからこそ、日頃の何気ない風景を写真に収めておくことは
そのときは意味を持たなくても、いつか意味を持つのである

なくなってしまってから見返すと
意外と写真として残っていなかったりするのはとても残念なのである。

miyoshi street

私がカメラ小僧みたいに常にカメラをぶら下げているのは
(いや、実際カメラ小僧だけど)
そんな日頃の風景をフィルムに収めておきたいから。
最後の写真は熊本河原町。

3月に発生した火事で写真の場所は全て焼け落ちてしまった
地震での被害は建物の古さにしては少なかったようだが…
今一度自分の周りを見てみると、
写真に残しておくべきものがあるかもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です