広角コンパクトカメラ

ikebukuro
中野某店のジャンク箱より救出したコンパクトカメラ
RICOHのR1sというカメラである。

GRは有名だが、それの前身となったカメラ…だったはず。
このカメラの面白いところは、通常モードでは30mmのところ
広角パノラマモードなるものが存在し、24mmのパノラマ写真が撮れるのである。

さらに、少しばかり手を加えて改造すると、
なんと、フルサイズで24mmの広角写真が撮れてしまうのである。

と、いうわけで早速手を加えてみた。

thin tower
冒頭の写真ではあまりわからないが、
あちこちで言われている通り、周辺光量落ち(というかケラレ?)は起きる。
もともと写らないはずの場所が写っているのだから、仕方ない。

しかし、そんなことが気にならないくらい広角楽しい。
コンパクトゆえ、一眼用レンズほど歪みもないし。

液晶がだめにさえなっていなければ、常用カメラにしたのだが…
ちなみに、24mmモードではf8固定になるようなので、
あまり暗いところは撮れないので注意が必要である。

広角に興味津々な今日このごろ。
久々にGRでも出してこようかと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です