PENでカラーはどうなのか?

in the forest

最近ちょっとPENで撮るが楽しくなってきている

いつものモノクロフィルムを詰めて撮ったら思った以上にキレイに写って驚愕した。是非超微粒子フィルムのACROSを試してみたいところ。では、カラーで撮るとどうなるのか?

営業中

どうしても縦写真が増える

カラーに限った話ではないが、カメラを普通に構えると写真が縦位置になるため、意識しないと縦写真が多くなる。どうしても縦写真は被写体に集中するように見えてしまうため、横位置が好きな人は積極的にカメラを縦に構えて撮る必要がある。これが意外としんどい。

薔薇

ちゃんとボケるよ

デジカメで言うとフルサイズに対するAPS-Cみたいな位置づけなので(APS-Cよりは画像サイズ大きいけど)背景がボケない!なんて思う方もいらっしゃるかもしれないが、ちゃんとボケます。いやもちろん35mmに比べたらボケないんだけど、私はあんまりボケすぎてても不自然だなあと思うクチなので問題にならない。むしろ被写界深度が深くて助かることの方が多い気がする。

旅路

粒子の粗さはそこまで気にならない

拡大して見ればもちろん粗い。でも粗いのが嫌なら8×10使えばいい(極端)実際のところ私もハーフの写真を大きくプリントしたことがないので偉そうなことは言えないけれど、スマホやタブレットで見るレベルであれば差は感じられないのではないだろうか?いや、感じるけど心地いいレベルに収まる(粒子の粗さが柔らかさを生む)ような気がする。これも好みのもんだいだけど。

さらに、スマホで撮る写真はみんな縦写真。ってことはハーフ縦位置で撮ればスマホでも見やすい、壁紙にもしやすい、スマホ時代にピッタリのフォーマットなのではないだろうか…!?

Redcycle

コンパクトでも性能十分

最後の1枚だけ、PEN-Sで撮影したものである。目測なのでピントがややこしいなんてところはあるけれど、屋外で絞って撮ればなんの問題もない。カメラは小さいけどPEN-FTにも負けない(むしろ勝ってる?)写真を撮ることができる。

何よりハーフの強みは倍撮れることである。枚数撮りたいならデジでええやんという意見が大多数だと思うけれど、私としてはフィルムで撮ることは譲れない(ネガを残しておきたい)ので、たくさん撮りたいならハーフという選択肢しかなくなるのである。

しかし、先日の散歩では「倍撮れる」ことを良いことに1シーンで2~3カット撮るという撮り方をしていたらあっというまにフィルムがなくなった、そらそーか。

PENシリーズはたくさん売れてて中古市場にも溢れているので気になっている方は是非お試しを~(ちなみに、シャープに撮りたいならF/FTかEEじゃない系をオススメする)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です