Rollei35の話

windows light

先日、FILM LOVERS散歩に参加した記事でも少し触れたが、最近Rollei35を手に入れた。メインシステムをライカで揃え、もうカメラはいいだろう…とか、どの口が言っていたかというところではあるのだが、友人が手放すということで、引き受けることにしたのである。

某アニメの主人公が持っているのはRollei 35S(Sonnerレンズ)対して今回手に入れたのは、Tessarレンズ付きのものである

bench

このカメラがどんなものかというのはあちこちで語られているので割愛する。露出計は別にいらないのだけれど装備されている。問題は、各地で言われているように、目測式というところである。

落し物

モノクロで一本、カラーで一本、通して撮影してみたけれど、ピントについては、あまり心配することはなさそうである、というのが結論。

上の写真なんかは雨の日の帰り道、開放(f3.5)で撮影したもの。足元に落ちているものなのでいささか距離は見定めやすいとはいうものの、しっかりとピントがきている、、、ように見える。よね?

菜の花

基本用途がスナップなので、これだけピントがきていれば十分である。ライカを常に首からぶら下げているのも疲れるので、今後はこいつを常時装備にしてみることにする。

rainy day

レンズの描写はさすがといったところ。上の写真はたしか開放で撮影したと記憶しているが、なんかもう、文句とか無いよね。

ちっこいけど、デキる子である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です