KJ的 焦点距離別レンズ話 中望遠編

Elmar

ひょんなことから書き始めた
KJ的焦点距離別レンズ話

標準レンズ、広角レンズに引き続き、今回は望遠。
といいたいところだけど、そもそも普段あまり望遠側を使わない上に
使ったとしても90mm程度なので、あまり多くを語ることはできない…

■90mm

good morning

標準である50mmよりちょっぴり長い
ライカだと最短撮影距離が1mなレンズが多いけれど
90mmでも最短1mなので、50mmよりちょっぴり寄れる

圧縮効果もそこまできつくないので
準標準くらいの感覚で使うこともできる。

motorcycle

M3を使ったとしても、ファインダー枠が小さくなるので
スナップで使うと「切り取る」感を感じながら撮ることができる

TC-1 Girl

もちろん、中望遠域なので
ポートレイトに使えば、バッチリである。

■105mm

brown carpet

ライカのレンズだけだと、90mmしか持っていないため
105mmという焦点距離を持ち出してみる。

バケペンなどの標準レンズの焦点距離でもあり
ニコンにも、105mm f2.5というレンズが存在する
(ここではバケペンのレンズは取り上げない。画角的に標準になってしまうので…)

OM Girl

さすがに105mmになると、ボケの量も増えてきて
被写体が浮き上がってくる感がかなり強まる。

バケペンの写真に感じる立体感は
この105mmという焦点距離によるものじゃないか、と思っている

こういう記事を書いていると、久々に使ってみたくなる。
今週末は90mmを持ち出してみようかな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です