Love 駈込み訴え

LOVE

あまり演劇などは見る機会がなかった私なのだが
ある出会いをきっかけに、時折観劇に足を運ぶようになった

そのきっかけとなった劇団JAM SESSION

ハービーさんの展示で知り合った方が所属されており
お誘い頂き、都合も付いたので一度観に行ってみたのが数年前

以来、ハマってしまっている。

夢のあと

今回はLove 駈込み訴えという題目で演じられた

事前に台本(というか太宰治の「駈込み訴え」)がシェアされ
「事前に読んでくるといいかもよ」と言われていたので
「事前に中身がわかっちゃってると面白さ半減しないかなぁ」と思いながら
既に観劇された方のツイートなどで「読んでた方が良い」という言葉を信じ
読んでおくことにした

結果、大正解

一度流して読んだだけなので一言一句覚えていたわけではないけれど
それはまるでスコアを読んだことのある曲を演奏会で聞くような感覚で
ここはどうくるのかな?そうきたか!そうだよね!という一喜一憂

とても楽しむことができた。

次回公演も楽しみである

Leica Girl

ちなみに、ハービーさんの写真展で知り合い
最初にこの舞台にお誘いいただいた花澄さんが
今回の舞台の舞台裏を撮り続けた写真を展示されるとのこと

ライカM10で撮られた役者さんたちの舞台裏の素顔は必見だと思う

こちらも楽しみだ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です