Summitar 50mm/f2.0(開放)で妻を撮る

Summitar 50mm/f2.0開放で妻を撮る

「妻を撮る」シリーズの説明はこちら

Summitar 50mm/f2.0

ズマールと比べるとかなりコントラストがはっきりしてくる。
しかし、意外と?ソファの目地のあたりに目を向けるとぽやっとした印象を受ける(収差か?)

このあたりはズマールの方がくっきりと表現されているように思える。
エルマーは言うまでなく。
とはいえ、ぽやぽやレンズというわけではなく、
ピントのあった部分についてはしっかりと解像している。

この収差が柔らかさを生んでいるのかもしれない。
ポートレイトにはよさそうなレンズである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です