Century Graphic

Century Graphic

ついに我が家にも大判カメラが…
と、言いたいところなのだが、残念ながら(?)中判カメラである。

スピードグラフィック、略してスピグラ、というと聴いたことがある人もいるかもしれない。
まだ35mm判のカメラが一般的でない時、新聞社の人なんかがよく使っていたカメラである。
これは、その弟分のようなカメラである(スピグラは4×5の大判)
一般的な大判カメラは(よくしらないけど)背面にあるスクリーンに像を投影し、
ピントを合わせて構図を確認した後、フィルムホルダーを挿入し、撮影する。

こんな撮り方をするわけであるが
このカメラは、もちろんそういった撮り方もできるが、ライカのように距離計連動カメラであるので
写真のように三脚に立てなくても、手持ちで撮影できるのである。
natura girl

兄貴分のスピードグラフィックや、クラウングラフィックが4×5の大判であるのに対し
このセンチュリーグラフィックは2×3判というフォーマットである。
昔はそんなフォーマットのシートフィルムもあったそうなのだが、今はない。(はず)
しかし、2×3判というのは今で言うと6×9判と呼ばれており、ロールフィルムが使用できるのである。

今回はブローニーフィルムを使えるフィルムバックがついていた(6×8判であったが)ので
手持ちのモノクロフィルムを詰めて、早速撮ってみた。のが上の写真である。
最近ライカばかりで撮っていたので、さすがの中判はでかい、そして綺麗である

miniature...?

中判カメラではあるが、機能は大判カメラとほぼ同等であるので
こんな写真も撮影することができる。いわゆるアオリというやつである。

流行りの(?)ミニチュア風写真を撮ってみようと思ったが、上手く行っていない。
特に下側はぐるぐるボケがでてしまっているので、もう少し絞らなければいけないか…
まぁ、こんな遊び方もできる。

Neko

蛇腹を伸ばしていけば、接写も可能である。
これは、結構寄って撮った気がする。
高機能で意外とコンパクト(たためば弁当箱サイズ)
手持ち撮影も可能で三脚に据えてじっくり撮るもよし。
意外と遊べるカメラかもしれない!

落ち着いたら、これ持って銀ブラでもしてこようかな(怪)

2件のコメント

  1. めっさかっこいい!!
    写りも相当いい感じなんだけど・・・
    水曜日のネコ缶を撮る人って結構多いのだけど
    今まで見た中で一番いいっす(^o^)

  2. >haruさん
    まいどです!
    シュナイダーレンズなので、写りも保証されてますぜ!
    ネコ缶はたまたま手近にあったものを試しで
    撮ってみただけなんですけどね(手近にあるものがビール缶という笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です