続・スパイカメラ

A man in the park

先日、スパイカメラという題名で記事を書いた、その続編。

本家ミノックスカメラを入手した。

Rail

先日入手したMC-007に比べると、作りが非常に重厚で
メカメカしさが半端じゃなく、男子にはたまらない。

MC-007がAEだったのに対し、こちらは手動露出。
絞りは固定(f3.5)なのである意味絞り優先といったところか

露出計も問題なく作動しているので、たまに使ってみたり。
とはいえ、普段からマニュアル勘露出で撮っているので、問題はない。

yokohama

ISO400のフィルムで撮ると(減感はしているものの)
粒子感は高まるが、これはこれでフィルムっぽくていいのではないか。
(3枚めのみ、ケントメア400を自分でカットしたフィルムで撮影)

最近、フィルムのよさの一つに「写りすぎないこと」もある気がしているので
使いこなしていければ楽しいかもしれない。

 

2件のコメント

  1. ほんといい雰囲気だ・・・
    ここまで写せるのならよりスナップを楽しめそう(^.^)
    もうミノックスまでこなしたら後は大判しかないじゃん!

  2. >harureiさん
    まいどです!
    フィルムの粒子感がいやらしくないので十分実用範囲ですね!
    ゴミが目立ちまくるのだけが問題か…
    大判!…ずーっと気にはなってますが、僕のスタイルには合わなそうだなーとずっと躊躇しております(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です