沈胴ズミクロン(L)を手に入れた | Summicron 50mm f2.0 Collapsible

Nippon-maru

先日、Mマウントの沈ズミをお借りして使ってみたところ好印象だった為、近いうちに手に入れたいなと思っていた沈胴ズミクロン。途中、若干気持ちを揺らしながら、結局当初の予定通り沈ズミ(L)を手に入れた。

HARDROCK CAFE

ライカのズミクロン、というと種類がいろいろあるのだけれど、沈胴ズミクロンは1種類(正確にはマウント違いで2種類)だけなのでLマウントの沈ズミ、といえば分かる人には通じる。なぜLマウントを選んだかというと、若干相場が下がるのと、IIIaも活用したいな、という思いからである。

大阪で中古カメラ店を見て回ったりしたけれど結局、桜木町のあのお店で購入することに。いろいろと安心だし。

程度は中程度…光学系にもちょっと劣化(コーティングとか)がありそうだけど、いいものが出てくるまで待てるタイプでもないので入手してしまった。幸い、お店の在庫の中ではLマウントのものが最も状態が良かったので…冒頭の写真2枚は、入手した帰りにみなとみらいで撮影したものである。

暗いので手ブレなんかもありそうなので解像度とかはわからないものの夜景でも普通に写る。Summarじゃこうはいかないだろう。

50

さすがに激しい逆光ではしっかりとフレアが出る。これは年代的にしょうがない。コーティングの劣化なんかも見られるから、これがなければもう少しマシかもしれない?ただ、比較対象がSummarなだけに、このくらいであれば気にならない。(上の写真は、かなり真正面に太陽があるような最悪な条件で撮影したものである)

Ikaho Onsen

同じ場所、同じ時間、同じ向きでも、条件が変わればこうなる。(日陰に入った)個人的には、この程度少しふんわりするのは好きなので、むしろ好印象と言える。

Ikaho Shrine

完全に日陰に入ると当然ちゃんと写る。やはりモノクロ写真は日陰に限るなあ…と思ってしまう。このくらい写るのならば、大満足である。とはいえ、まだスキャナで取り込んだだけなので早いところ、暗室で焼いてみたいところである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です