ライカにカラーを詰めてみた

EXCELSIOR CAFFE
Leica IIIa / Summar 50mm f2 / Fujifilm Fujicolor100

Summarをカラーで使うとどんなんかいな。ということで、カラーフィルムを詰めてみた。実を言うと、出かける際、カメラだけを持ってフィルムを忘れてしまったことがきっかけだったのだが、それはまた別の話である

SHIBUYA
Leica IIIa / Summar 50mm f2 / Fujifilm Fujicolor100

基本、いつもの街中スナップである。日差しが強く、暑い日だったので、感度100でも十分だ(逆に、400では絞りっぱなしにしかできなかったであろう)もっと淡い感じかとおもいきや、順光であればちゃんと色も出てる。勿論最新レンズに比べれば淡いとは思うが、私はこの色、好きである。

こもれび
Leica IIIa / Summar 50mm f2 / Fujifilm Fujicolor100

この光、写るかなーと思いながら撮影したが、しっかり写っている。これが80年前のレンズなのだから…カメラってすごいなーと思う。ちなみにこの写真、現像のみお店にお願いし、自分でスキャンしている。最近専らモノクロだったが、たまにはカラーで撮るのも悪くないなぁと思う。

LOVE LOVE LOVE
Leica IIIa / Summar 50mm f2 / Fujifilm Fujicolor100

いつの時代の写真!?という雰囲気になってしまった。この写真も出ているが、少しでも逆光気味になるとフレアが発生する。気軽にスナップをするならば、Elmarの方が向いていると思う。Elmarも逆光に強いわけではないが、Summarは敏感すぎる。一本だけカラーを撮って、またモノクロを詰めてしまったが、時々気分転換にカラーを詰めるのもいいなぁと思った週末だった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です