ロシアンレンズの誘惑 | Jupiter-12 35mm f2.8

morning light
とあるきっかけがあり、Jupiter-12(35mm f2.8)を手に入れた
ツァイスのビオゴンコピーであるこのレンズ
後玉がめちゃめちゃ飛び出ているのが特徴のレンズである。

フィルムライカには問題なく装着できたが
我が家唯一のデジカメ、X-E1には装着できなかった
(後玉が干渉)

Hoppy
Jupiter-8の時もそうだったけれど
ロシアンコピーだからと侮るなかれ

周辺はやや流れるかなー…といった感じだけれど
全体的には安定しており、すこぶる良い。
絞りが操作しづらいとかいう声も聞くけれど
Elmarよりはやりやすい。そしてElmarより明るい。

今後、IIIa用レンズの主力になりそうなレンズである。
評判によると、カラーで撮っても色乗りこってりのようなので
カラーでも試してみたいところである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です