ニュー・ハーフカメラ | AUTOHALF SE2

Selfie

ついうっかり、新しいカメラを手に入れた。そう、ハーフカメラである。新しい(中古だけど)ハーフカメラ、ニュー・ハーフカメラである(なんか違うものに聞こえるのはきっと気のせい)

我が家にはPen-Sという名機があるのだけれど、シャッター羽根が粘っており撮影できない状態になってしまっている(メンテはします、じいちゃんからもらったカメラだし)撮りかけになってしまったフィルム、途中からフルフレームで撮ったら写真やさん発狂するよな…じゃぁハーフのカメラもう一台…とか思っていたらその週末には手にしていた。

東館

なんというか、超たのしい。オートハーフはご存知の通り、ゼンマイの力で自動巻き上げをしてくれる。ピントは固定(2.5m)、シャッターはオートなので撮影時はシャッターを切るだけである。あら簡単!

シャッター速度は1/125固定なので夜は撮れないか…と思いきや、絞り固定モード(フラッシュ撮影用)にすると1/30になるそうではないか。開放2.8だし、ピントはおいといて、明るめの街なら撮れるんじゃないか?と思ったら、ご覧の通りである、撮れた。

GUCCI...?

歩きながらパシャパシャ撮れる。夜スナップも意外とできるものである。ピントが2.5m固定なので、必然的に3mくらいの距離のものを探すようになる。これって目測の修行にもなるんじゃないだろうか?(目測式といってもピントが調整できるとどうしても邪念が入ってしまうので)

通学路

当然、明るければ絞られるのでピントの問題はなくなる(25mmなのでかなりパンフォーカス)。広角めのレンズなので、ノーファインダーでパシャパシャ撮るのも楽しい。ボディが四角いので手に持った感触でどっちの方向いてるかもわかりやすいし。サイズ的にもこの季節ならアウターのポケットに入れておけるのでお手軽スナップ機である。

1 2 3 4 5

こんなふうにパノラマ的に撮ることもできる。Penなんかでもできるけれど、自動巻きなので自分が回転しながら連射すればいいので簡単である。(スマホでご覧の方は画面を横にして見てみてほしい)

ちなみにこの撮り方、35mmでもできることはできるけれど、なんとなく短いスパンでコマ間があった方がパノラマっぽくみえるものである。中判の645なんかでやっても楽しいかもしれない。ちなみに35mmハーフでも、リバーサルでやるとなかなか圧巻です。

さて、そんなわけでニュー・ハーフカメラを手に入れてしまったわけなのだけれど、もともとカラーを詰めるつもりで買ったのだけどモノクロスナップが楽しくなってしまった。カラー用にもう一台手に入れるか…?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です