春の写真が帰ってきた | PORTRA160NC

Sakura

ここ最近、カラーネガフィルムは1ヶ月に1回現像に出すことにしている(郵送なので、まとめた方が少しお得)今回出したのは12本、その中に春の写真が混ざっていた。

部屋(主に冷蔵庫)を片付けていたら大量に出てきた期限切れフィルム、積極的に使っていこうとPen-FTに詰めて撮っているのだけれど、その中の1本であるPORTRA160NCである。

最近始めた方はご存じないかもしれないが、KodakのPORTRAは昔NCシリーズとVCシリーズという2つの種類に別れていた(その中で更に160と400があった)NCは優しい、VCは鮮やかな色合いということで棲み分けがされていた。NCとVCが統合されて今のPORTRAになったとき、色合いはNC寄りだなぁという意見をよく見かけたけど、実際のところどうなんだろう?

Sakura

空の青なんかはKodakらしい色合いである(期限切れによる退色も大いに影響していると思うけれど…)それにしても、1ヶ月前はまだ桜が咲いていたというのにこの暑さ、なんとかならないものだろうか。夏が怖いぜ…

ちなみに今回のレンズはすべて25mm f2.8。Pen-FTにつけるとファインダーは暗いけれど屋外ならそこまで大きな問題じゃない。広角めの画角は撮っていてもとても気持ちがいいものである。

葉桜

FUJIのフィルムだともっと緑が鮮やかに写りそうなシーンだけれど、Kodakのフィルムは落ち着いた発色をしている(期限切れによる~以下略)普段はFUJI派な私だが、たまにKodakを使うとKodakもいいなぁ~という気持ちになる魅力的なフィルムである。

Mothers

結婚記念日の日、どこに出かけるか悩んだ結果、レンタカーを借りて友人の住む街の美味しい鉄板焼やさんでランチをして公園を散歩することに。同じくらいの子供がいる友人と嫁さんはすっかり「ママ友」ライクな会話を弾ませていた。この日は日差しも強かったけど暑すぎずよかったなぁ…

やはりハーフカメラは程よい粒状感でなつかしさを感じさせる写真になるのがなんだか楽しい。個人的にカラー写真は生生しくなりすぎて若干苦手なところがあるのだけれど(キレイに写れば写るほど)ハーフくらいのユルさであればカラーも楽しめるような気がする。

じーちゃんのPen-Sもメンテナンスから上がってきたことだし、Pen3台体制(+オートハーフ)でハーフ生活を楽しんでいきたいなぁ~

 

2件のコメント

  1. ネガでの違いがまだ分かりません。
    色々試してみて数を重ねていけばそのうち「オヤオヤ?」となるのでしょうね。
    今は露出も曖昧で失敗する事が多いのでまだ先になりそうです。

    最近6×6リバーサルの現像を出したのですが、戻ってきてネガの綺麗さに驚きました。
    失敗も少なくMAMIYA C330は付き合いが長いので何となく感覚が掴めてきた気がします。
    その内ブローニーでモノクロも挑戦したいです。
    フジのフィルム以外もその内チャレンジしてみたいです。

    暑いですね。
    暑さが苦手なので夏が来るのが怖いです。

    1. こんにちわ!
      ネガの違いは…ぶっちゃけお店の補正によるところもあったりするのですが、自分の基準フィルムができてくるとわかるようになってくるかなーと思います!(普段使ってるのより黄色い!とか)また、露出で色味が変わったりするので難しいところですね…!

      リバーサルは美しいですよねー。大きなフォーマットのリバーサルは本当に好きです。データにしちゃうとそうでもないのですが(笑)いつかシノゴでリバーサルとかも挑戦してみたいなあ…とか思ってます(ちなみにリバーサルはポジなので、ネガとは呼びません…!そういえば、なんて呼ぶんだろう?)

      毎日暑くてうんざりしますね…僕も暑いのは苦手なのですが、引きこもりも苦手なので暑くなる前の朝か気温が下がった夜に出かけようと思います…(去年みたいだと朝晩も暑いのでしんどいですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です