Rollei Superpan200

Platform

なんだか久々の投稿になってしまった。
Rollei Superpan200というフィルムがある。

常用フィルムはRollei RPX400で今のところ落ち着いているのだけれど
かわうそ商店さんのblogを見て、少し気になったので使ってみた。

まだ3本ほど使っただけの感想ではあるが、
率直な感想としては「コントラスト高っ!」というところである。

フカゼン

このフィルム、フィルムベースが無色にヌケるタイプなので、
それも手伝っているのかもしれないけれど、とにかく暗部がストンと落ちる印象。

コントラストか、粒状感か、原因はわからないけれど
被写体によっては妙に昭和感が漂ってくるような気がした。

retro street

上手く使えばかっこ良く撮れるだろうと思う。
曇りの日とかいいかもね。

light

あとは解像度も高いようなので、ちゃんとしたレンズと組み合わせれば
コントラストの高さも相まって質感の表現なんかも上手くできると思う。

個人的にはもう少しコントラストが低いほうが好みなので、
1段減感して使ってみる、というのを今度試してみようかな…と思う。

あとは、コントラスト低めのレンズ(ズマールとか)と
合わせてみても面白いかもしれない。
下の写真なんかは、ズマリット開放のソフト効果と
フィルムのコントラストが絶妙にバランスしている気がする。

Soft Effect

簡単ですが、使ってみた感想。
雑でスイマセン。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です