AFで標準で使えるアイツ | AF NIKKOR 35mm f2

small duck

前回、祖父から引き継いだAF NIKKORをご紹介させていただいたのだけど、

  • これらのレンズを使うためにF100を入手した
  • いいカメラすぎて常用したい
  • 常用するなら35mmのレンズも欲しい

ということで、35mm f2のレンズを手に入れてしまった。いいんだ臨時収入あったから…

そんなわけでモノクロで少し使いつつ、いいレンズなのはわかっていたのだけれど、カラーで使ったときの感覚がとても良かったのでここでご紹介しておこうと思う。ちなみに私のレンズはDタイプではなく、ただのAF NIKKORである(レンズ構成は変わっていないっぽい)

正直なところ、最近の我が子は外に出るとめちゃめちゃビビってとーちゃんから離れようとしないので、35mmの画角だとやや狭い感じがしている。前回ご紹介した20mmのレンズの方がお散歩レンズには適している…と思っていた。しかし、イケダサトルさんから「ポートレイトにもいいよ!お子さんもぜひ撮ってみて!」というお言葉を頂いたので使ってみたところ…よいですね、うん。

friend

(私の持っているレンズとしては)比較的新しいレンズなので程よいコントラストで(ネガで撮っているとはいえ)色乗りとかは好みの感じである。この写真を撮影した日は絞り優先f2.8固定で撮っていたのだけど、ピント面はシャープだしボケも相まって立体感も良い。しかもF100は1/8000までシャッターが切れるので日中f2.8固定でも全然使えてしまう。技術の進化って凄い(ずっと最高あんまり信用できない1/1000の世界で生きてきた人間)

最新のレンズよりはAF速度や手ブレ補正なんかの面で劣っているとは思うものの、手頃な値段で手に入ること、なにより小さくて軽いことから子連れでも気軽に持ち出せる(F100はちょっとデカオモだけど)装備になりうるだろう。

sunny day walking

当然スナップでも力を発揮してくれる。絞って撮るとシャープさがより際立ってくるので、背景がボケすぎないように気をつける必要はあるが、ポートレイトなんかで使うならあまり絞りすぎないほうがいいのかもしれない。背景がボケすぎてるポートレイトは個人的にちょっと苦手なので…

画角については王道の35mmなので今更語るべき話でもないと思うが、オールマイティになんにでも使える画角だと思う。とはいえ先に述べたとおり、べったりくっついてくる子供を撮るにはやや狭い感は否めないけれど…

F100に35mm、カラーネガ(ウルトラマックス)の組み合わせがなんだかしっくりきてしまったので、しばらくはカラー写真も少し増しめでスナップもしていこうか、なんて考えている。…なんて言いながら、先日バルナックライカでスナップをしてそれもめちゃめちゃ楽しかったので、ようやく出かけられるようになってきたこの世の中、気をつけつつ楽しんでいきたいと思う。(またなんか雲行き怪しいけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です