Plaubel Makina 67

Light

巷ではバケペンが一番人気である、67というフォーマット
私も昔使っていたけれど、とにかく重い!ミラーショックでかい!ブレる!

当時は交換レンズも2本ほどカバンに詰めて
バケペンスナップなんて撮りまくっていたけれど
35mmに回帰し、ライカを使うようになってからというものの
重いカメラが持てない!一眼ピント合わない!

そんなときにふと出会って手に入れたのがMakina67

67 Girl

正直いうと、昔から気になってはいた
でも、当時も価格が高く(バケペンより高い、いやバケペンが安かった)
手を出すことができなかった、ある意味憧れのカメラである

普段、あまり使っている人を見ないために忘れていたのだけれど
とある撮影会でマキナ女子に出会い、再燃してしまったのだ

そして偶然にもその日の帰りにカメラやさんで発見
状態はまずまずだが相場よりかなり安価だったため
手に入れたのである

in the forest

マキナの特徴としては

  • ミラーショックの少ないレンジファインダー
  • 数少ない中判ニッコールレンズ
  • 蛇腹を折りたためばスーパーコンパクトに!
  • 電池がなくても撮影できる機械式

といったところだろうか(ストロボはあんまり使わないけど)

ライカに慣れた目にレンジファインダーは非常に使いやすい。
二重像も虚像式だけど必要十分の見えやすさである。
どうも二眼だと外しがちなピントもばっちり合わせられる

飲みながら写真撮ったりする自分としては
多少暗くてもしっかりピントを合わせられるレンジファインダーが心地よい。

ミラーショックもなくブレにくいのもGood!

Makina Girl

中判ニッコールレンズといえば

ブロニカ、アイレスフレックス、マキナ

くらいだろうか…(アイレスフレックスは見たこと無い)
以前ブロニカも持っており、このニッコールレンズも素晴らしかった
ブロニカはプアマンズハッセルなんて言われることもあるが
ハッセルにだって負けてないと思っている

そんなニッコールレンズを使える数少ない中判カメラ
それがマキナである

マキナのニッコールはブロニカのそれとは少し雰囲気が違うが
(昔、ニコンの望遠鏡部門の人が設計したとかいう噂も…?)
高精細だが硬すぎず、人を撮るのなんかにも向いている、気がする。

Sakura

そんなレンズが使えるカメラだというのに
蛇腹を折りたためばとてもコンパクトになるので
鞄の中に入れておいてもかさばらないのである。

二眼レフなんかも小さいが、やはり薄いのは収まりが良い。

さらに、電子シャッター採用により故障したら最後のバケペンに対し
機械式シャッターで信頼性も高い(露出計はダメになってることが多い)

Pentax Girl

残念ながら価格は落ちず、今でも高値をキープしている
しかし、機械式ということで長い目で見ればお買い得だと思う

67に魅力を感じている方は、マキナも候補に入れてみてはいかがだろうか?

 

こんな記事を書いていたらマキナで写真撮りたくなった…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です