じゅんさんぽ みなとみらい編

Rainy day

今回の舞台は雨のみなとみらいである。この日、大雨により予定していた撮影が流れたため、近々行こうと思っていた場所にいくことにした。大雨でも出かけるのをやめないのがじゅんさんぽである。

自宅からみなとみらいまでは副都心線で一本。距離はあるけれど便利な場所である。しかしこの日パシフィコで何かのイベントがあったのか、大雨にも関わらずクイーンズスクエアの中はエラい人であった。

ギターの背中

屋根の下から出たくない

雨でも気にせず出かける!雨の日にしか撮れない写真もある!と意気込んではいるものの、やっぱり濡れるのは嫌である。カメラも持ってるし。この日は時間帯によってはかなり土砂降りだったので、いつもなら外に出て歩くところを屋根の下(クイーンズスクエア~ランドマークプラザ)を通って桜木町方面に向かった。

屋根の下から出ずに雨の景色を撮るのは良い。濡れないし。そういう意味では熊本のアーケードはよかったなぁと思う。大雨でもアーケードに入ってしまえば濡れないし、脇道は屋根が無いので雨がじゃーじゃー降っている。そんな景色を撮るのも楽しかった。

Umbrella flower

雨の日は傘の花が咲く

どこかの記事でも書いたように、雨の日は傘の花が咲く景色が好きである。モノクロなのでイロトリドリ…とはならないのだけど、面白い柄の傘を見つけるとついつい撮ってしまう。また、多くの人が集まる場所を俯瞰で眺められる場所から見ると、本当にお花畑のようで楽しいのである。みんな動き回るし。

桜木町駅

最近どこかで見た景色

ちょうど数日前に某カメラ店のスタッフが横浜散歩をしていたようで、同じ景色をblog記事で拝見していた。残念ながらこの日は一人だったので記事にあったような写真は撮れなかった。こんな雨の中一緒に散歩してくれる人なんてそうそういないよね。

野毛

変わりゆく町並み

目的地に近づいてきた。まぁカメラ好きのみなさんならどこに向かっているかはお察しいただけるであろう。このあたりは古い(といっても古すぎない、絶妙な感じ)町並みが広がっており、撮り歩くのにも飲み歩くのにも良いのだけれど(とか言いながら、実はまだ飲み歩いたことは無い)少しずつ開発が進んで景色が変わり始めている。このままこの景色は見られなくなってしまうのであろうか?なんてことを思いながらシャッターを切る。別に歴史的な記録写真を撮ろうなんておこがましいことは思わないが、将来家族で「こんなのあったんだよ」なんて話ができたら楽しそうじゃないか。

Heavy Rain

駅へ戻っておしまい

用事が済んで雨も強まってきたので駅に戻り、再びクイーンズスクエアから外の景色を臨む。この日はバルナックライカとX-700を持ってでかけたのだけれど、やっぱり雨の日は片手で撮れるカメラがよいと感じた(と、いったところできっと今後も装備は変わらない)雨ということを除けば久しぶりに使ったバルナック+エルマー50の組み合わせはいろんなものを優しく写してくれる、素晴らしい組み合わせだなあと実感することができた。(コンパクトだし!)

 

他のじゅんさんぽ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です