キャプションであそぶ | Canon Autoboy LUNA

Beer & Leica

渋谷東急で中古カメラ市が開催されていた。東急が改装?となるのでここで行われるのは最後…なんだっけ?ということでせっかくなので覗いて来た。

正直、ライカのレンズは一通り(常用するクラスのものは)手に入れてしまったし、カメラも今更「使ってみたい」と思うカメラもなかなか出てこないので、中古カメラ市に行っても平和なものである。

とはいえ先日下のような記事を書いたこともあり、日付の入れられるカメラに意識が向いていたこともあり、ジャンクコーナーで一台のカメラを発見し、入手してしまった。

それが今回のカメラ、Autoboy LUNAである。

Golden Ball

そこにはズーム不良と書かれた値札がついていた。価格は格安。一通りチェックしてみるも問題はなさそう。実際にフィルムを通してみなければわからないこともあるが、何より私がこのカメラを手にとったのは「キャプションが入れられる」からである。

冒頭の写真、右下に「お・め・で・と・う」と入っているが、これはデジタル加工ではなくカメラで写し込んだものである(ネガにもしっかりと写り込んでいる)

タテヨコ、という縦位置で撮ってもちゃんと日付が入る(縦位置で右下に日付が入る)おそらく世界で唯一の機能を持ったカメラもあるが、こんなキャプションが入るカメラも世界で唯一なのではないだろうか(オートボーイシリーズでキャプション対応のものはいくつかあるので、「唯一」ではないかもしれない)

一人ビール と肉

日付が日本語で年月日、というのもユニークである。さらに、通常では右下に入る日付がキャプションを入れる設定にした場合は左下に移動して入るあたりも素敵である。もちろん、日付やキャプションを入れない設定で撮影することもできる(キャプションは設定して1枚撮ると設定が解除されるので注意が必要。個人的にはずっと入ってくれていいんだけどな…)

かわいくはない

正直ルナシリーズはレンズも暗く(広角側開放でf5.6)やや敬遠していたのだけれど、やはりこのキャプション機能は一度使ってみたかったので、格安で買えたことはかなり嬉しい。

使ってみて気づいたこととして、このカメラ、シャッターボタンを半押ししたタイミングでレンズが駆動される。この点はシャッターラグが短く非常に気持ちが良い。(リアルタイムレリーズモード、と言うらしい)

※↑の点についてもう少し詳しく説明する。AF一眼レフの場合はシャッターを半押しするとレンズが駆動されてピントが合い、シャッターを押せばシャッターが切れるので写真が撮れる。これがコンパクトカメラの場合、シャッターを押したあとにレンズが駆動されてからシャッターが切れる為、シャッターを押してから実際に写真が撮れるまでのタイムラグが大きいのである。一眼が「半押し→ウィン→ボタン押す→カシャ」に対してコンパクトは「半押し→ボタン押す→ウィン→カシャ」みたいな感じ(わからんか)

さらにちょっとした便利機能として、ポップアップするフラッシュを手で無理やり閉じて撮影すると、フラッシュ強制発光OFFとなるのである。本来ならば背面のボタンでポチポチ押していかなければ発光禁止にできないのだが、物理的にフラッシュを閉じることで発光OFFにできるのはなかなか便利な機能である(もちろん、発光OFFなのでシャッター速度は遅くなる)

そして、やや中途半端ではあるが2029年まで日付を入れることができるのも良いところである。スタメンまで成り上がれるかは微妙なところだが、ベンチ入りは確実になりそうなカメラである。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です