Makinaで高円寺SNAP

秋の光

マキナでスナップしたい!

唐突にそんな欲求が生まれたので、マキナを片手に(もう一方の手にはモノクロを詰めたローライ35を持って)出かけることにした。なんとなく、行き先は高円寺。オーバーオールを手に入れたくて、高円寺ならありそうだというイメージだけで決定した。

Bicycle

最近、マキナで撮った写真がことごとくピントを外している気がしていた。カメラのせいなのか、腕のせいなのかわからないけれど、昔はちゃんと撮れてた気がすることを考えると距離計が狂ってしまったのか…?なんて考えていた。しかしよく考えたら最近は部屋の中で撮ることが多く、そうすると近距離開放気味になる=ピントがシビアになるので外しているだけ(つまり腕の問題)7日もしれないと思い、外に連れ出すことにした、というのもあったりなかったりする。

こうしてみるととても綺麗に撮れている。マキナの教祖もおっしゃっていたけれど、マキナは中距離ちょい絞りの描写が抜群だと思う。バストアップかそれよりもう少し離れたくらいのポートレイトなんかもとても良いだろう。この日はひとりだったのでそこらで見つけた自転車を撮ってみたのだけれど、うーん美しい。中判はいいんだけど描写の美しさに全部持ってかれる感じがするのが玉に瑕であるなあと感じる(それは写真がヘタなだけ)

GJ!

自宅から中央線沿線に出るのがやや面倒なこともあり、中央線沿線の街はちょっぴり敷居が高いイメージを持っている。おしゃれな街だからというのもあるが、もうすこし気軽に高円寺とか散歩できるようなおしゃれ人間になりたい。しかし、カメラ3台持って歩いてるようじゃおしゃれ人間には程遠いかもしれない(いやでもめっちゃカメラ持っててもおしゃれな人を何人も知っているな)

路地裏

どうしても撮りたくて、撮ろうとしたらお店から人が出てきて挙動不審になる、というのを数回繰り返した挙げ句に撮った一枚。うん、やはり中距離では開放でも綺麗に撮れているので、距離計の連動がズレているか、腕の問題、ということだろう。買ってからメンテナンスもしてないし、冬のボーナスが入ったら一度調整がてらオーバーホールをしてあげることにしよう。

2件のコメント

  1. こんばんは。
    おお!
    中判の憧れマキナ様ですね。
    写りも見た目もカッコいいですし、プラウベルという苗字?も素敵なんですよね。
    何より共に技術国の日本とドイツの間接的ハイブリッドというのが素晴らしい!

    現像代も嵩むし勉強の為にもと近頃モノクロ現像に挑もうと思い(現像代をフィルムにまわせますし)、恐る恐る調べていたらLAB BOXなるものを発見いたしました。
    私の様なぺらんぺらん写真を現像するには丁度良さそうなお手軽現像機なので目を付けているのですがご存知ですか?

    1. こんにちわ!コメントありがとうございます。
      マキナはほんと、素晴らしいカメラです。このサイズで67だし、折りたためるし、写りは良いし…
      最近は価格も上がっているようなので手に入れづらいのが難点でしょうか…(中判カメラ全般に言えることですが)

      さて、LAB BOXですが、モノの存在は知っていますが使ったことはありません。ただ、見る限りお手頃でよさそうだなあという印象です。写真家の片岡三果さんがお持ちで、ワークショップやろうかなーなんて呟かれていたのでチェックされてみるといいかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です