常用フィルムを検討する ILFORD HP5+の場合

Yamashita Park

KODAKがまたも値上げ宣言をした。
愛用していた400TXの100ft缶が、去年の値上げ前には実売¥8000程度だったものが去年の値上げで実売¥12000程度に値上げ。

それが…今回の値上げで、定価¥35000くらいに値上げされるとか。
(実売¥30000くらいか?)

さすがにちょっと常用するにはしんどいので、
常用フィルムの引っ越しをするべく、考えてみた。

Couple

条件としては、
・感度が400であること
・増感耐性がそこそこにあるもの(EI1600くらいまでは使いたい)
・価格がそんなに高くないもの(36枚撮1本で500円台がいい)

当初はこの3つの条件で探していたが、後で追加された条件として
・比較的手に入りやすいもの
というものがある。

ついうっかりフィルムを切らしてしまった、といった場合でも
コンビニ、はさすがになくても、ビッグやヨドバシで手に入れられること
常用にするのは、この条件も必要かと考え、条件に追加した。

Beer Festival

そうすると、必然的に候補は絞られてくる。
KODAK、FUJIを除くとビッグ・ヨドバシにはILFORDかKENTMERE
くらいしか置いていない。

ちなみに、FUJIはACROSしかなくなっちゃったので却下である。
となるとILFORDかKENTMEREになるのだが…

以前どこか(たぶんどこかのblog)で、KENTMEREはかなりコントラストが高め、
といった文を見た気がしたので、軟調写真が好きな私には合わなそうだということで
却下することにする。

残るはILFORDだが、400のフィルムはDELTAとHP5+がある。
DELTAのほうが新しいフィルム、ということなので、古いライカにはHP5+かな、
なんて安易な考えでHP5+を新常用フィルム(仮)にすることにした

Beer Bar

と、いうわけで勢いでILFORDのHP5+を常用第1候補として使ってみた。
(過去にも使ったことがあるが、改めて)

トーンも豊かで、400TXに比べて若干軟調めな気がして気に入った。
拡大すると、粒状性は400TXに及ばない部分もあるが…許容範囲であろう。
FOMAPANの400も手に入れているので、近々使ってみようと思う。

あとはDELTAと、KENTMEREも使ってみようかな…
ところで、専用機でスキャンしたら縮小写真でも微妙な違和感が消え、
スッキリパッキリした写真になるようになったように思う。めでたしめでたし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です