Summarit 50mmf1.5(開放)で妻を撮る

Summarit 50mm/f1.5開放で妻を撮る

「妻を撮る」シリーズの説明はこちら

Summarit 50mm/f1.5

ズマリット、今回試した50mmレンズの中では最も明るいf1.5である。ズミクロンと比べても、f値の差は0.5であるが、ボケの量は違いが出ている。(ソファの背もたれを見ると違いがわかる…か?)

ソファの目地を比べると、ズミクロンより幾分か柔らかく写っている印象を受ける。また、髪の毛の質感もズミクロンがクッキリなのに対し、ズマリットは柔らかさを感じる写りである。

しかし、フワフワで使えないと言われているズマリット開放にしては、意外とちゃんと写っているのではないだろうか?(レンズの状態はいいほうだと思う)フワフワ感は好みが分かれるかもしれないが、ポートレイトを撮るには向いたレンズかもしれない。

半段絞ってf2.0でも撮っておくべきだったな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です