FOMA Retropan 320 をD-76で

ABBEY ROAD...?

先日、やや古くなったR09で現像したRetropanが
えらいザラザラという記事をアップした

もともとザラザラなフィルムという噂は聞いていたが
現像液が悪かったのかも、と思い
普段使っているD-76で現像してみた。
結果がこちらである。ザラザラだ。

Light and Shadow

シャドー部やハイライト部はそこまででもない気もするので
コントラストを高めにして使うフィルムなのかもしれない。
しかし、せっかくトーン豊かな…と謳っているのに勿体無い。

MUNCHEN

ひょっとして、感度が320もないのだろうか?
露出を多めにして現像時間を短縮することで
粒状性が良くなったりしないだろうか…?

いやしかし露出過多では粒子が成長して粒状性は落ちる?
うーん、なやましい。
そのうち気が向いたら試してみよう。

Goldfish

ちなみにご参考までに、今回の条件は
撮影条件:感度約200(いつもの感覚で露光したのでそのくらい)
現像条件:D-76 1:1 20℃ 14min

この条件でネガはやや薄めだったので、
もう少し時間を長くしてもいいかもしれない。
いやはや、現像条件は悩ましいものである

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です