日帰り熊本旅行 日付入りの記憶編

Depart for Kumamoto

いろいろなことが重なって、年末日帰りで熊本に行ってきた

冒頭の写真は家を出発した時間の記録、まだまっくら!この日のコンパクトはできるだけ時間を入れて写真を撮ったので、まずはその写真を見ながら振り返ってみようと思う

to Kumamoto

熊本行き始発は7:10羽田発の便が存在する。家を出るのはめちゃめちゃ早くなってしまうが、これに乗れれば9時過ぎには熊本に到着できるのである

一方、熊本発東京行きの最終便は20:25、始発の最終を利用すれば、11時間くらいは熊本に滞在することができるのである。

window seat please

この日は残念ながら少し曇っていたため、飛行中はずっと雲の上だったのだけれど、着陸体勢に入り、ようやく地面が見えてきた。

Airport Bus

到着してすぐバス乗り場へ。レンタカーでの移動のほうが楽ではあるものの、駐車場を気にするのも煩わしく、道中の景色も撮りたいなんて思いから、バス移動を選択

まずは一路、河原町へ向かおうとしたのだが、道路が混んでいて時間をロスしそうだったので通町筋(熊本市外資の中心部)で途中下車、アーケードを散策しながら河原町に向かうこととした

Shimotori

はいーなつかしいー

熊本にいた頃は人気(ひとけ)を求めてよく通ったものである。都会育ちだからか、大自然よりも人気(ひとけ)のある場所が好きで、阿蘇にも行かずひたすら街で遊んでいたような気がする。

下通りを抜け、一路河原町へ向かったのだがライカとローライで写真を撮るのに必死でコンパクトで撮っていなかったので、河原町の写真は次の記事におあずけとする

河原町を散策したあとは熊本城へ。前回(2年前)に来たときは痛々しい姿だったが、今はどうなっているのか

戌亥櫓

熊本城の石垣

熊本城天守閣

改修がすすんでいるところもあり、一方でまだまだそのままの場所もある

天守閣の大天守(3枚目写真の右側)は既に補修が完了しており現在小天守(3枚目写真左側)の補修が行われている。2019年の秋頃には天守閣が公開されるという知らせもあった。

このときだけ、なんとなく記録的な意味をもたせたいという思いで時間ではなく日付に変更して写真を撮ったのだが、戻し忘れてしばらく日付の写真が続くことになる(笑

雨の熊本

レンタカー移動はやめたものの、熊本には一部、車でないと行けない(行きづらい)場所があったので、タイムズカーシェアを利用して一時的に車移動を行った(便利!)

まずは友人の経営するGingilaで野菜たっぷりランチをいただき、私の熊本での写真生活における原点であるhaco photoshopさんへ。残念ながら店主、奥さん共に不在ではあったが、はじめましてだけどそんな気がしないスタッフさんや、その場にいたお客さんとおしゃべりを楽しませていただいた。

いやー熊本いいとこだ

Tsuruya

まだ日付のままであるが、時間は15時過ぎである。クリスマス直前だったのもあり、街はクリスマスムード一色。つるやデパートの手作り感あふれる素敵なデコレーションも私が住んでいたころから変わっていない。

Gakuya

そのまま上通を抜け、これまた友人のお店であるGakuyaへ。残念ながらオーナーはおらず、店長さん(店長さんも友達)には会えたものの、お店が激混みだったためあまりゆっくりお話することができなかった。

また来なければ。

ここで日付設定になりっぱなしなことに気づいたようである。このあと、車を運転する予定もなかったため、ビールを2杯ほど頂いてきた

NEVL

このあと、これまた友人のお店である南阿蘇珈琲にお邪魔し珈琲を頂いたのだけれど、ここでもコンパクトで撮り忘れた。ちゃんと撮っておけばよかったな…

そのあとは今回の第1目的でもあるNEVLへ

めちゃめちゃパンの美味しいカフェなのだけれど、年内で一旦お店を閉じるとのこと。最後にひと目見ておこうという意味もあって、日帰りでもいいから熊本に来たわけである。この場所での営業をやめるだけであり、お店自体をなくすわけではないということだったが、やはり以前からある場所がなくなるのは少しさみしいものである

ここでは多くの友人が私に会うために来てくれた。熊本という土地のあたたかさを改めて感じた瞬間であった

帰路

帰りは会いに来てくれた友人に空港まで送ってもらい、無事に最終便に搭乗。

予定していた計8箇所すべてを回ることができたので今回の旅の目標は達成。…したけれど、一箇所での滞在時間は40分程度であり、正直物足りない。もっと行きたい場所も会いたい人もいる。また落ち着いたらゆっくりと訪れようと思う。

帰着

帰着して、冒頭の写真と同じ場所で1枚。19時間に及ぶ熊本日帰りの旅はこれにて無事に終了。感想としては、とにかく慌ただしかった、ということ。住んでいた経験があり、ある程度土地勘があったためほぼ計画通りに進めることができたが、他人に日帰りを勧められるかというと…

悪いことはいわないので、一泊なり二泊してゆっくり熊本を楽しんでほしい。

この日に撮ったライカやローライの写真は、またこんど。

 

2019.1.13追記:ローライの記事アップしました

2019/1/18追記:ライカの記事アップしました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です