広角ロッコール | MD.W ROKKOR 28mm f2.8

TOP MUSEUM

じゅんさんぽ新宿編の際に手に入れたMD.W ROKKOR28mm f2.8というレンズ。広角がちょっと気になってたのと、ジャンクで安く売っていたので手に入れてしまった。ヘリコイドや絞りは全く問題なく、レンズがやや曇っている感じがあるレベル。できる範囲でクリーニングを実施して、仕事で外出の合間に試し撮りをしてみた。(実はこの前に少し撮っていたのだが、それはまた別のじゅんさんぽでお送りしようと思う)

消失点

苦手意識のあった28mm

実は28mmという画角は苦手意識を持っていた。naturaやGRは28mmなので一般的な「広角レンズ」の部類に入るのだけど、35mmが標準の感覚に近い私としては、28mmという画角がちょっぴり中途半端に思えてしまったのだ。それならいっそ21mmくらい離れたほうが標準と広角という使い分けができて良いと思っていた。

また、広角レンズについてはいろいろな点でレンジファインダーの方が有利であると感じていたので、持っていた28mmのレンズはすべて手放してしまったのだった(といってもニッコールの28mmくらいだが)

フジヤカメラ

改めて使うと意外と良い

意外と、と言っては怒られてしまうが、ミノルタのレンズは50mmとその前後(55mmと45mm)しか持っておらず、そればかり使っていたせいかちょうど良い広角に感じることができた。単純やな。また、曇ってはいるものの撮影した際に曇りの影響はあまり感じられず、新しいレンズらしくコントラストもしっかりとしていて見栄えのする写真になる。

ちなみにお気づきだと思うが、この日もカメラやさんめぐりをしていた(ちなみに、この日も目当てのものは見つからなかった)

Shinjuku

現代レンズの実力を感じる

おかしなことを言っている自覚はある。このレンズが発売されたのは1978年らいしので、世間的には立派な「オールドレンズ」の部類なのだと思うけれど…普段使っているのが1940年代〜60年代くらいのレンズなので、個人的な感覚としては立派な現代レンズである(ゴムとか使ってる段階で新しい)

そんなわけで、比べる相手が古すぎるかもしれないが、やはり新しいレンズはすごいなぁ(ちゃんと写るなあ)というのが感想である(なんの役にも立たない感想)一眼の広角レンズというとどうしても歪曲が生まれるイメージだったのだが、直線が歪むなんてことはないし、ちょっと勝手なイメージを持ちすぎていたかもしれない。

実は、探しているレンズは35mmのレンズなので、それを手に入れて使い始めたら微妙な位置づけのレンズになってしまうかもしれないが…その時は、きっと嫁さんが使ってくれると思うのでよしとすることにする(X-700を手に入れて手放そうと思ったXD-sは嫁さんがサブ機として使うということで手元においておくことにした)

 

2件のコメント

  1. こんばんは。
    広角苦手です。
    構図が難しくてありきたりになってしまい、未だに使いこなせません。
    上手い方の写真をみると切り取り方の発見はあるのですが、自分でするとなると
    難しいですね。
    使いこなせる様にまずは、持ち歩いてみます。

    1. 広角は難しいですよね…標準と同じ感覚で使うと散漫になってしまって良く分からなくなってしまいますし…
      これも慣れだと思うので、広角縛りで散歩してみると発見があるかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です